2005年11月17日

【ITS世界会議05】XMラジオで全米配信、渋滞情報サービス「traffic.com」

【ITS世界会議05】XMラジオで全米配信、渋滞情報サービス「traffic.com」

2005年11月16日
日本のVICSのように標準的な渋滞情報サービスのないアメリカだが、それが逆に新興企業にとってビジネスチャンスにもなっている。ITS世界会議展示ブースの一角を占めるtraffic.comは、そんな元気のいい渋滞情報ベンチャー企業だ。

traffic.comは、主要幹線道路に設置した独自のセンサー網と、サンフランシスコの511サービスのような各州の地域渋滞情報サービスのデータを統合し、全米規模の渋滞情報を収集・提供する企業だ。現在は国内30都市の渋滞情報を重点的に収集しているという。

traffic.comでは、複数の異なるセンサー網から収集した渋滞情報は、同社のTIMS(Traffic Infomation Management System)で統合する。渋滞情報は同社のウェブサイトで見られるほか、50局以上のテレビ局やラジオ局に配信している。

さらにtraffic.comの渋滞情報は衛星ラジオ「XMラジオ」でも渋滞情報チャンネルとして配信されている。例えば、ホンダの北米ブランド「アキュラ」では、XMラジオの装着オーナー向けにtraffic.comの渋滞情報チャンネルを提供している。

XMラジオを使うことで、全米配信も可能にしたtraffic.comは、北米版VICSになる素質は充分だ。IPOも間近ということで、今後のサービスの拡大にも期待が持てる。
posted by kabuipo at 09:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

衛星ラジオでどこでもゴルフ三昧!−XMサテライトのゴルフラジオチャンネル
Excerpt: Web2.0やロングテール論が騒がれ、ニッチ・マーケットの重要性が叫ばれている昨今ですが、ここにもひとつニッチ顧客に目をつけたニッチ番組が注目を浴びています。そのニッチ番組とは有料衛星放送局大手の..
Weblog: 行け行け!LAビジネスウォッチャーズ
Tracked: 2006-07-14 15:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。